NULL BBクリームはデコボコクレーター肌に効果があるのか?気になる口コミは?

 

ニキビ跡シリーズ第二弾?として、厄介な肌の陥没「クレーター」にNULL BBクリームが効果があるか否かを検証します。

※通常のニキビ跡のカバー力については、こちらの記事(NULL BBクリームはニキビ跡に効果あり?Amazon・楽天・Yahoo!のレビューを徹底検証!!)で検証しています。ぜひご覧ください。

本来は私自身の肌で確かめればよいのですが、現状は肌に気になる凹凸は無いため、代わりに有用な口コミ・レビューをリサーチしました。

 

 

クレーターで悩むユーザーのレビュー

 

さっそくクレーター肌で悩むNULLユーザーのレビューを見ていきましょう。

 

クレーターまでは消えない
髭あとも色素沈着も赤みも消える。しかし僕のクレーター肌はあまり変わらなかったので星4

 

剛毛髭は隠せずとも毛穴は大幅改善
元々、青髭を隠したい目的で購入しました。私は外人なみの毛むくじゃらなのですが、やはり私の髭に対してはこいつは無力でした。少し薄くなったかな?くらい。ほとんどの人は分からないと思います。逆に目の下のあたりが元々毛穴が多かったのですが、ここを隠すのには絶大な効果を発揮しました。ボコボコ肌が明らかに平坦な綺麗な肌に見えるようになりました。ちょっと金額は高いので、普段使いはしないですが、人と会わなければならない時などに使用していこうと思います。

 

ユーザーの生の口コミとしては、上記2つのみでしたが、クレーターに対する効果としては、賛否両論といったところです。

 

効果に違い。その原因は?

 

なぜ、効果に違いが現れたのでしょうか?

私はその原因として以下の3つを考えます。

 

 BBクリームと肌色に大きく違いがある

 BBクリームの塗り方・使い方に違いがある

 BBクリームのカバー力に対する認識に違いがある

 

 

これらが結果的にクレーターを隠せるか否かに関わってきますので、順に考察していきましょう。

 

BBクリームと肌色に大きく違いがある

 

そもそも、ニキビ跡には「色素沈着」と「クレーター」の2種類が存在します。

前者に対するNULLの効果は多くの口コミで定評がありますが、今回のテーマである後者のクレーターについては、NULL自体には凹み・陥没を埋める「パテ」のような効果や質感は残念ながらありませんので、あまり効果は期待できないかもしれません。

しかし、実際に「効果があった」とレビューされている方が存在するわけですし、クレーター自体に関する情報は少なくても、その小規模版とも言える「毛穴」に対するNULLの効果は多くの方が認めています。

よって、肌の凹みを埋めることはできなくても、実際のクレーター肌がそうであるように、クリームと肌色がうまく合えば、光の当たり具合で目立ちにくくできる可能性は大いにあります。

逆に、肌色との違いが大きいと効果は皆無となってしまうでしょう。

 

BBクリームの塗り方・使い方に問題がある

 

NULL BBクリームの使い方は極めて簡単で、少々適当に塗っても美肌効果は感じられるはずです。

しかし簡単とは言っても、より自然できれいな仕上がりを実現するための「塗り方の技術」が存在するのもまた事実です。

そしてこのことを考えずに、ただただ厚塗りなどをしてしまうと、カバー力以上に不自然さが目立ってしまい、最悪「バレる」ことに繋がります。

 

逆に「毛穴や目の周りのタッピング」、「ハイライトゾーンから塗る」などは簡単に実行できますので、これらの「テクニック」を活用することで、例え隠しづらいクレーターであっても、目立ちにくくできる可能性があります。

 

塗り方やテクニックの詳細については、こちらの記事(初めてでも安心!NULL BBクリームの使い方とバレない塗り方のコツ!)をご覧ください。

 

BBクリームのカバー力に対する認識に違いがある

 

NULLは「男性用」化粧品であるがゆえに「バレないこと」が大前提であり、不自然にならないように、カバー力は適度に抑えられています。

このため、NULLは「部分」のカバー自体はあまり得意ではないとも言えますが、私はNULLが真価を発揮するのは、「顔全体」のカバーにおいてだと感じています。

人から見たときの印象は、顔全体の肌のトーンや色ムラによって大きく変わるため、案外自分では気が付かなくても、周りの人には(良い意味で)違いがわかるということは往々にしてあるのです。

ゆえに、クレーターに対しても、効果がなかったという人はクレーターの「部分」のみを注視しているのに対して、効果があったという人は「顔全体」の印象向上の面で満足されているのではないかと推察します。

 

 

結論

 

肌の陥没である「クレーター」を埋める効果自体はNULL BBクリームには無い。

しかし、クリームの効果を実感している方は存在するため、肌色や塗り方が合致すれば効果を感じられる可能性はある。

また、NULL自体は「部分」でのカバー力はさほど高くないが、「顔全体」での印象アップの効果は予想以上に大きいものである。

 

この記事が皆様のお肌のお役に立てれば幸いです。

 

顔の印象アップに。 “NULL BBクリーム”