【スキンケア】効果あり?NULL BBクリームの有効成分はどんなもの?【副作用は?】

 

BBクリームとは本来、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションなど様々な機能を兼ね揃え、スキンケアも視野に入れたオールインワン化粧品です。

となると、「NULL BBクリーム」にはどのような効果を目的とした成分が含まれているのかが気になるところ。

この記事では、「NULL BBクリーム」の有効成分について、検証しています。

 

NULL BBクリームの特徴として、男性用に調整されたBBクリームであると同時に、塗ることによってニキビのケアやエイジングケアもできることが特徴となっています。

※「エイジングケア」とは、加齢による悩み(シミ・シワなど)にアプローチする事です。

公式サイトでも、下記8つの有効成分が表示されていますので、これらをすべて調べてみました。

まずは、ニキビに有効なサリチル酸についてですが、殺菌・消炎効果があり、ニキビケア用品に配合されることの多い物質です。

ただし、サリチル酸は肌への刺激が強く、特に敏感肌や乾燥肌の人は肌への刺激を感じやすいとされています。

私自身は1か月以上使ってみて、肌に赤みが出たり、ピリピリするといったこともありませんでした。

万が一肌に違和感を感じた場合も、返金保証があるため、試してみる価値はあると思います。

※返金保証については【公式サイト】下部の「ご返金・原材料について」から確認できます。

言い方を変えれば、それだけマイルドな配合であり、ニキビケア目的としての効果は、悪くなることは無いが、どこまであるのかないのかよくわからないといったところでしょうか。

 

他の7つの成分

  • カミツレ花エキス
  • ツボクサエキス
  • カンゾウコンエキス
  • チャ葉エキス
  • イタドリ根エキス
  • ローズマリー葉エキス
  • オウゴン根エキス

これらすべてを調べましたが、どれもオーガニックエキスとして化粧品によく用いられているものであり、効果としては主に

  • 消炎
  • 保湿
  • 抗酸化
  • 美白
  • 抗菌
  • 抗アレルギー
  • 血行促進

などが期待されます。

毒性・副作用についても、すべて特に目立った報告は無く、安心できる原料が用いられているようです。

以上のように、NULL BBクリームはスキンケア用品としても、当然ながら安全性の高い成分で作られていることがわかります。

ただ、本来BBクリームはお肌の欠点を隠すことが目的となりますので、肌の調子が悪化するということは決して無いものの、スキンケアについてはあくまでおまけと考えておいた方が精神衛生上よいかと思います。

 

※追記

「NULL  BBクリーム」を2日に1回ほどの割合で使い始めてから、2ヶ月以上が経過しましたが、以前に比べてニキビができてしまうことが少なくなっています。

ただし、これは洗顔などの他のスキンケアや、食生活にも多少気を使っていますのでそちらの影響もあると思います。

いずれにしても、私にとっては、BBクリームを使用することでマイナス要素は無いと感じています。

 

以上、購入時の参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*