新事実発覚!?化粧は肌に悪いのか?そのメリットとデメリット

 

この記事(【本音】BBクリームの5ちゃんねる(2ch)での気になる投稿は?でも少し触れましたが、「BBクリームを使ってみようか」という男性にとって、気になる噂が・・・

それは、「化粧をすると肌に悪い」「劣化・老化が早まる」というネガティブなもの・・・。

 

これらは果たして真実なのか?

今回はBBクリームやファンデーション、すなわち「メイクアップ」についての真相をお話します。

 

 

興味深い実験

 

 資生堂は、2018年6月に女性5,000人を対象にファンデーションに関する意識調査を実施しました。
調査結果から、7割の女性がファンデーションに対して「肌に悪い」という印象を抱いていることが分かりました。

肌に悪いと考える理由として、多くの女性が「毛穴が詰まりそう」(66.2%)、「肌呼吸しづらくなりそう」(52.7%)と回答。

しかし、資生堂の実験でファンデーションは「毛穴を埋めない」、「肌呼吸※1 を止めない」ことが判明し、ファンデーションが「毛穴を埋める」、「肌呼吸を止める」というのは誤解で、不思議な都市伝説と言えます。

※1 肌呼吸とは、水分蒸散をしていること

 

出典元:

<全国の女性5,000人に聞いたファンデーションに関する意識調査> 「ファンデーションは肌に悪い」は都市伝説? 誤解している女性は7割に

 

この実験ではベビーリーフの種に対して、ファンデーションを塗ったものと塗らないものを用意し、発芽状況を調べています。

しかし、結果はファンデーションによって発芽状況は変わらず、「肌呼吸を妨げていない」という結論になっています。

 

「なんだ、別に化粧は肌に悪くないのか」と、ひとまずは安心ですが、本当にそれだけでしょうか?

「肌への負担」について、他の視点からも見ていきます。

 

メイクによる肌への負担

 

メイク自体は肌呼吸を妨げないということはわかりましたが、それでもそのまま寝てしまうなど、長時間つけっぱなしにすることは、肌に負担をかけてしまいます。

 

皮膚科・美容皮膚科の中村仁美医師によると、

化粧品の中でも特にファンデーションには、皮膚との密着性を高めるために、油性の成分が使用されています。

それらを長時間放置しておくと、汗・皮脂・ほこりなどと混ざり、細胞にダメージを与える活性酸素を出し、過酸化脂質に変化していきます。

そして、その汚れが毛穴に詰まった状態となり、皮膚の細胞の新陳代謝も妨げられてしまうので、最終的にくすみや肌の老化へとつながってしまいます。

 

また、長時間メイクを落とさずにいると、皮膚表面の雑菌繁殖にもつながり、ニキビなどのさまざまな炎症を皮膚に起こしてしまいます。

雑菌を繁殖させないためにも、眠る前にはしっかりとメイクを落としておくことが大切です。

 

出典元:

メイクを落とさないで寝ちゃった! 緊急対処法を医師に聞いた

とのこと。

 

また、これはテクニックの問題かもしれませんが、メイクをする毎の物理的刺激が肌を傷めることも考えられます。

クリームを塗る際に過剰に肌に触れたり、マッサージをすることが、かえって肌トラブルの原因となり、特に毛細血管を刺激してしまうと、赤ら顔の原因となるとも言われています。

この点に関してはメイクのときだけでなく、洗顔や保湿についても同様のことが言えるでしょう。

 

 

メイクすることの最大の価値

 

結局のところ、「正しくメイクをすることは、決して肌に対して負担を掛けるものではない」ということがわかりました。

でもまだ、男性の立場としては

「別に積極的にメイクなんかしなくていいんじゃないの?」

という気持ちもあるはずです。

デメリットは無いとしても、相応のメリットも無いとBBクリームやファンデーションを使おうとは思わないもの。

 

実は、男性にも、いや男性だからこそメイクが必須であるといえる理由があります!!!

 

その最大の理由は、メイクをする(BBクリームを塗る)ことで、紫外線や空気中のチリ・ほこり、乾燥などの肌トラブルの原因となる様々な外的環境から肌を守ることができるから。

いわば、メイクとは「人工のバリア」なのです。

 

特に紫外線については、

米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)が、肌の老化の約80%は、加齢以外の紫外線による光老化など外部環境が影響していると発表しています。

男性は女性に比べて屋外で活動することが多いですし、そもそも普段から肌に対する意識も低いですので、積極的に紫外線対策をしていく必要があると言えます!

 

ここで、かなり有名ですが、衝撃な画像をお見せします。

 

この男性はトラックの運転手であり、28年間顔の左側だけ紫外線を浴び続けた結果、左右の肌にこれほどの差が生じてしまったのです。

 

これは極端な例かもしれませんが、

現在、紫外線量は年々増加傾向にあることはデータとして示されており、

今後、ますますUVケアが必要となることは紛れもない事実なのです。

 

そして、この老化やシワ・シミの原因となる紫外線を防ぐ効果(紫外線散乱剤)が「BBクリーム」や多くの「ファンデーション」には備わっています。

 

このため、「お化粧」の最大の価値とは、単に外見的にきれいに見せるということではなく、実は「紫外線を遮断する!!」ということにあるとも言えます。

 

ここで、疑問に感じるのは、

「紫外線を防ぐのであれば、別にBBクリームやファンデーションなどのメイクじゃなくて、専用の日焼け止めを使えばいいんじゃないの?」

ということでしょう。

 

しかし、一般に強力な日焼け止め(SPF50、PA++++などの表記)は「紫外線吸収剤」が用いられており、紫外線が当たったときの化学変化が、肌荒れやアレルギーの原因となることがあります。

しかも、表記通りの効果を発揮するためには、かなりの量を塗ることが必要で、肌に負担もかかってしまいます。

このため、強力な日焼け止めについては、真夏の炎天下での作業など、特に紫外線を強く浴びてしまう状況でピンポイントに使うことをオススメします。

 

普段のUV対策としては、比較的肌への刺激や負担が少ない「BBクリーム」や「ファンデーション」の利用が適しており、

当サイトでおすすめしている「NULL BBクリーム」はSPF30、PA++の十分な効果を確保しています。

しかも、即席で肌の印象を向上させる効果や、手軽さを考えると、

男性にとってベストな選択であると考えます。

 

デメリットととして、わずかな手間(1分程度)と月1000円ほどのコストはかかりますが、

それが降り積もって5年、10年後に「肌」に圧倒的な差を生むことを考えると、惜しむべきものではないと思います。

 

※なお、日焼け止めそのものや、SPFやPA++などの表記については、長くなりますので別の記事で改めて解説します。

 

 

まとめ

 

適切に使用する限り、メイクをすることが肌に悪いという事実はない。

むしろメイクをすることは、肌の老化・トラブルの最大の原因である「紫外線」から肌を守るという意味で非常に重要である。

 

紫外線対策として、特に男性にとっては、普段は肌への刺激や手間、プラスアルファの効果を考えるとBBクリームの利用が最適。

効果の強い日焼け止めは、肌への刺激も強いため、ピンポイントで利用するほうが良い。

となります。

 

この記事が、あなたのお肌の健康に役立てば幸いです。

 

 

※参考として、私自身、将来を考えて紫外線には気を付けており、

日常的には「肌印象アップ」+「日焼け止め効果」を考慮して

「NULL BBクリーム」


を利用し、

真夏に屋外に出る時間が長い日には汗に強く、UVカット効果も高い

NULL メンズ ウォータープルーフ 日焼け止め


を使っています。

 

上記、2商品ともに、画像をクリックすると最もお得に購入可能な公式サイトに移動できます。

NULL公式アカウントを友だちに追加すると、何度でも使える300円OFFのクーポンを獲得できますのでご利用ください。